減災サステナブル技術協会は、あらゆる科学技術を駆使し、災害の元になる各種の破局的自然現象等を回避、緩和あるいは無害化するための、様々な革新的技術を創造、開発、実践することを目的とした協働体です。
当協会は、津波シェルター普及研究会を母体とし、知的材料・構造システム等の革新的分野の防・減災への適用のため2011年に千葉大学で創成した減災・サステナブル学研究会、
それを日本機械学会で発展させた減災・サステナブル工学研究会の成果実践等を併せ、2018年の「世界津波の日」(11月5日)に設立しました。

減災・サステナブル学とは、航空宇宙分野を中心に展開した知的材料・構造システムの研究者であった私が、東日本大震災を機に、その革新的コンセプトを生かした画期的な防・減災を実現するために発案し、
古屋泰文氏(当時は弘前大学教授)、野波健蔵氏(当時は千葉大学理事・副学長)と共に創出した“防・減災目的ながら、非常時のみならず日常的にも有用な機能を発現し、
社会の経済的・持続的発展を可能とするサステナブルな仕組み創成の学問”です。

それは我国オリジナルの革新的学術領域ですが、世界の著名研究者からも、先端科学技術の画期的な非軍事利用である等、強い共感と支持を得ています。
既に、米国・NASAのJ. Su博士、メイン大学のM. Shahinpoor教授、ハワイ大学のM. Nejhad教授、L. Hihara教授、イタリア・ローマ大学のA. Paolozzi教授、F. Felli教授、ブラジル・ブラジリア大学のC. Vendittozzi博士、
タイ・モンクット王工科大学のS. Aimmanee博士、C. Ekkawatpanit博士を始めとする海外の多くの卓越した研究者とも協働し、グローバルな活動を行っています。

減災・サステナブル学、減災・サステナブル技術の意義は、科学技術が目覚しい発展を遂げているにもかかわらず、地球上では多くの人命が災害により失われていることに対し、新たな学問と技術の力を以って立ち向かうことにあります。
それらは、卓越したアイデアを創出する、発想力を高めるための人材育成にも通じます。世界をリードできる新たな学問・人・産業の創成は、今後、日本が地球上で益々輝き、輝き続けるための、最高の戦略です。

当協会では、減災サステナブル技術の研究・開発、勉強会・シンポジウムの開催、参加会員同士の交流会の運営等により、以下を鋭意目指します。
・異分野融合を高いレベルで実現し、防・減災を日本発の世界的技術領域化、新産業化へ。
・経済性と持続性とを両立した革新的防・減災技術確立と、それを創出可能な独創的人材の育成。
・会員ネットワークによる革新的製品開発・減災サステナブル仕様化と、製品の評価、認証。
・その他、会員の要望等を迅速に反映した活動、様々な対象への革新的技術・スマートテクノロジーの注入。

当協会にて、多様でグローバルな研究者、技術者等が会し、共に考えることを楽しみ、刺激し合い、相補い、さらにそのネットワークを拡張することで、防・減災分野の難題に挑戦しましょう。
多くの災害に見舞われるネガティブな日本を、むしろ災害をばねに人材・科学技術を磨くポジティブな場へと進化させましょう。
減災産業立国化、永世中立科学技術大国化、さらには知的で優美な国造りの実現へと頑張りましょう。
どのような状況においても思考停止にならないレジリエントな社会を構築しましょう。ディザスターフロントからスマートジャパンへ、
国内のみならず世界の防・減災、安全・安心に貢献可能な尊敬される国へと発展させましょう!

2019030700003_8

一般社団法人減災サステナブル技術協会 会長
浅沼 博(あさぬま・ひろし)
千葉大学大学院工学研究院教授。工学博士。東京大学大学院工学系研究院博士課程修了。東京大学生産技術研究所助手・特別研究員、千葉大学工学部助手、同助教授、同准教授をへて、2009年から現職。2018年11月5日(世界津波の日)に、「あらゆる科学技術を駆使し、災害の元になる各種の破局的自然現象等を回避、緩和あるいは無害化するための、様々な革新的技術を創造、開発、実践する」ことを目的とした(一社)減災サステナブル技術協会を設立、会長に就任。

2019030700003_9