〒101-0051 東京都市区千代田区神田神保町1-10-1
03-4500-8541
info@ssmartace.or.jp

「防災・減災×サステナブル大賞」
(グローバル賞, ジャパン賞, コミュニティ賞)

Society for Sustainable Mitigation And Related Technologies Against Catastrophic Events

1.表彰対象

【自分を守る】【顧客を守る】【地域を守る】の優れた活動を対象として、審査委員会が認めたもの

  (趣旨文)

「防災・減災×サステナブル大賞」は、一般社団法人減災サステナブル技術協会が、新たにに確立し た評価手法を以て、より安全・安心な真のサステナブル社会の実現に向けた防災・減災における取り組みの成果・実績等を評価し、褒賞を授与するもの です。

防災・減災に関わる 様々な実践をしている自治体、組織、法人、個人 を対象として、その成果・実績等について、レジリエンス性、サステナブル性、並びにSDGsへの寄与度の側面から総合的かつ客観的に評価し、受賞者の第三者評価による差別化と認知度向上並びにその成果・実績等の社会普及 を意図しています。

本賞の内容および結果を広く公表することにより、世界中の人々が「より良い未来の実現」に向けて、前進するための礎になることを願います。

 2.審査委員会 *減災サステナブル技術協会が運用主体となり、レジリエンス協会(都市レジリエンス研究会)が協力する。

浅沼 博(一般社団法人 減災サステナブル技術協会 / 一般社団法人 レジリエンス協会)

浅野英樹(一般社団法人 減災サステナブル技術協会)

荒木道雄(一般社団法人 レジリエンス協会 / 一般社団法人 減災サステナブル技術協会)

大内照雄(一般社団法人 減災サステナブル技術協会)

黄野吉博(一般社団法人 レジリエンス協会 / 一般社団法人 減災サステナブル技術協会)

田中和明(一般社団法人 レジリエンス協会)

増田幸宏(一般社団法人 レジリエンス協会 / 一般社団法人 減災サステナブル技術協会)

※五十音順

3.褒賞内容

【サステナブル部門】(シティ・カンパニー別)

1)グローバル賞:

2)ジャパン賞:

3)コミュニティ賞:

【ソリューション部門】

1)グローバル賞:

2)ジャパン賞:

3)コミュニティ賞:

【アカデミー&ジュニアアカデミー部門】

1)グローバル賞:

2)ジャパン賞:

3)コミュニティ賞:

4.基本的な評価基準の方針

【サステナブル部門】

シティについては、以下の9つの評価指標で評価

①防災・減災に関する3つの指標:「インフラを守る」「人命を守る」「情報を強化する」

②未来都市モデルSDGsの指標:「環境適応」「連携力」「次世代対応」

③社会貢献度または普及度   :「Global」「Japan」「Local」

 

カンパニーについては、以下の9つの評価指標で評価

①国土強靭化推進室の3つの指標:「自分を守る」「顧客を守る」「地域を守る」

②未来都市モデルSDGsの指標:「環境適応」「連携力」「次世代対応」

③社会貢献度または普及度   :「Global」「Japan」「Local」

 

(補足説明)

内閣官房国土強靭化推進室の提唱する3つの優れた活動に加え、内閣府地域創生推進事務局

「SDGs未来都市および自治体SDGsモデル事業」及び国土交通省「防災コンパクト先行モデル都市」

における未来都市構想の基本的な骨子となる国連防災機関(UNDRR)の提唱する仙台防災枠組みの

国際目標「人命を守る」「インフラを守る」「情報共有」の3つの社会貢献の観点、更には未来都市

構想としての「環境適応」「連携力」「次世代対応」の3つを基本的な評価項目として加えた。

また、活動の貢献度合いは、普及度として「Global」「Japan」「Local」3段階で評価することとした。

5.「レジリエンス格付け」認定制度(3つ星レジリエンス)における本年度の位置づけ

reg

「レジリエンス格付け」認定制度 

 2021年 3つ星レジリエンス

認定基準以下の項目(3項目以上)を満たしていること

https://kakuzukejapan.or.jp/resilience/

3つ星レジリエンス カンパニー

★ 「レジリエンス認証」の取得歴

★ 「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化大賞)」の受賞歴

★ 「内閣官房国土強靱化推進室 民間取組事例集」への掲載歴

または「防災・減災×サステナブル大賞」の受賞歴(2021年認定基準)

3つ星レジリエンス シティ

★ 「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化大賞, 地域計画賞を含む) 」の受賞歴

★ 「国土強靱化地域計画」を策定済

★上記以外の防災・減災に資する制度による認定・認証歴

→「防災・減災×サステナブル大賞」の受賞歴(2021年認定基準)

★その他「世界100のレジリエント・シティ(ロックフェラー財団)」に選出等

→「防災コンパクト先行モデル都市」and/or「SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業」採択

2021年各賞の選考結果

サステナブル部門カンパニー

1)グローバル賞

■(株)IHI、(株)IHIアグリテック 「オゾン使用のHEPAフィルター付空気清浄機で陰圧対応可能な簡易テント」

■島津製作所、北海道大学病院 「唾液採取による新型コロナPCR検査方法」

あいおいニッセイ同和損害保険(株)、日本工営(株)「自動運転車に低廉な自動車保険の提供」

サステナブル部門カンパニー

2)ジャパン賞

■(株)ローソン 「災害時の物資供給協定及び帰宅困難者支援」

■旭化成ホームズ(株) 「へーベル電気」による電力の買取」

AIG損害保険(株) 「BCP トータルリスクマネジメントサービス」

■森松工業(株) 「ステンレス配水池シリーズ&緊急用・移動式ステンレス給水タンク」

■(株)光レジン工業 「津波シェルター「CL-HIKARi」」

■まいにち(株) 「災害用簡易トイレ」

■株式会社NTTファシリティーズ 「高層ビルにおける側撃雷対策」 国土強靭化民間取組事例集(~R2年4月)No.94

■アパホテル、東横イン 新型コロナ軽症者受け入れ対応を全国的に提供して展開 (2020年8月3日時点)

サステナブル部門カンパニー

3)コミュニティ賞

■砺波工業(株) 「災害予防及び環境保全工事による地域貢献」

■戸田建設(株)、古野電気(株) 「ウェーブガイド無線LANシステム」

■特定非営利法人 大阪環境カウンセラー協会 EA21普及戦略部門

日鐵住金建材工業株式会社 「樹木伐採なしで土砂災害を防ぐノンフレーム工法, 津波避難タワー」

■積水ハウス株式会社、一社)東松島みらいとし機構(HOPE) 「東松島防災エコタウン」

特定非営利活動法人災害医療ACT研究所 「被災地の保険医療福祉専門家の育成」

サステナブル部門シティ

1)グローバル賞

■奈良県&奈良県橿原市

地域活性化モデルケース報告書 P39-P42 (内閣府地方創生推進事務局・R2年3月)

「スマートウェルネス住宅推進・医療介護と観光一体化

■石川県金沢市

市民生活と調和した持続可能な観光の振興

~「責任ある観光」により市民と観光客、双方の「しあわせ」を実現するまち金沢~

サステナブル部門シティ

2)ジャパン賞

■福島県会津若松市、会津大学、アクセンチュア(株)

地域活性化モデルケース報告書 P135-P138 (内閣府地方創生推進事務局・R2年3月)

福島県・会津若松市 スマートシティプロジェクト

福島イノベーションセンター| アクセンチュア

神奈川県 横浜市 横浜市SDGs認証制度”Y-SDGs”

福岡県 北九州市 北九州市 SDGs 未来都市計画

サステナブル部門シティ

3)コミュニティ賞

福島県郡山市

国土強靱化予算の「重点化」「要件化」「見える化」 等による地域の国土強靱化の取組支援について

(内閣官房 国土強靭化推進室 R2年8月28日)

防災コンパクト先行モデル都市(国土交通省 R2年7月10日)

岡山県倉敷市、高梁市

“自然と共存する持続可能な流域暮らし” 人と人を繋ぐデータ活用による防災力強化

防災コンパクト先行モデル都市(国土交通省 R2年7月10日)

■熊本県熊本市

防災コンパクト先行モデル都市(国土交通省 R2年7月10日)

ソリューション部門

1)グローバル賞

■新日本空調(株) 「可搬式抗菌フィルターユニット及び自立型感染防止フード」の開発

2)ジャパン賞

■フジワラ産業(株) 「津波避難タワー」の開発

■小野田産業(株) 「津波シェルター SAM」の開発

ソリューション部門

3)コミュニティ賞

■(株)ミズノマリン 「津波シェルター +CAL」の開発

■スターライト工業(株) 「津波シェルター シェルカー」の開発

■百年住宅(株) 「津波シェルター ペントハウス」の開発

■日本エフ・アール・ピー(株) 「止水ゲート 寝ずの番」の開発

■三和シヤッター工業(株) 「防水シャッター ウォーターガード」の開発

■(株)日東 「核シェルター レスキューブ」の開発

■(株)タジマモーターコーポレーション 「津波シェルター SAFE+」の開発

■(株)ティ・エフ・シー 「津波シェルター TTS8025」の開発

■(株)アースシフト 「津波シェルター ソトチカ」の開発

アカデミー&ジュニアアカデミー部門

1)グローバル賞  「該当なし」

2)ジャパン賞

広島大学大学院/中島田豊教授 「コンブから電気を生む方法」

■全国農業高等学校長協会、株式会社毎日新聞社、株式会社大丸松坂屋百貨店 全国農業高校収穫祭の共同開催

(株)毎日新聞社            

株式会社大丸松坂屋百貨店

 

3)コミュニティ賞

千葉県柏市立手賀東小学校 「オンライン校外学習」

愛媛県立松山工業高校 「実技を伴う遠隔授業」

■秀岳館高等学校、熊本県立玉名工業高等学校 災害ボランティア共同参加