起震車をレンタルしてみませんか?|地震体験車レンタルに関して

起震車レンタルに関して

2011年3月11日午後2時46分。突如、揺れた。 東日本大震災においては非常に多くの犠牲が払われました。

そこから10年。 防災に対する啓発は高まって来ていますが、実は地震での一番の問題は動揺しパニックになってしまう事です。 改めて「地震」を実際に体感し、”いざ”の時に向けて心の準備を図りましょう。 

みなさんは「起震車」という設備を御存知ですか。

起震車は「地震の揺れを体験できる車」のことです。 運転自走ができるため国内どこでも実際に地震体験ができます。 各地防災イベントでもご利用いただいています。

当協会では、皆様の防災・減災への啓発の為、起震車(地震体験車)のレンタルを行っております。昨今南海トラフ地震の啓発利用の声も多く、数多くのお問合せを頂いております。

防災イベント・ショッピングモールでのイベント・住宅展示場のイベントなどで集客にもつながるものになりますので、多くの方にご利用頂き、実際の地震に備え、準備をするきっかけになっていただければと考えます。

※起震車(きしんしゃ)とは、地震を擬似体験することができる振動装置を搭載した自動車。地震体験車とも呼ぶ。

 

WEB掲載をご了承頂いた、体験会の様子を掲載いたします。

2021.09.28 起震車レンタル報告

体験会の様子はこちらから

2021.11.06 起震車レンタル報告

体験会の様子はこちらから

2021.11.21 起震車レンタル報告

体験会の様子はこちらから

2022.05.04 起震車レンタル報告

体験会の様子はこちらから

2022.05.28.29 起震車レンタル報告

体験会の様子はこちらから

2022.07.01 起震車レンタル報告

体験会の様子はこちらから

2022.08.20.21 起震車レンタル報告

体験会の様子はこちらから

◆「起震車」の有効性 この起震車は5つの有効性があります。 ① 震度階ごとの揺れとして震度1から震度7までを体験できます。 ② 東日本大震災の揺れを再現できます。 ③ 車両のサスペンションの影響を受けない実際の地震に近い揺れを再現します。 ④ 大型液晶画面に映し出されるCG画像の効果により臨場感のある地震体験ができます。 ⑤ 電源供給が可能であれば地震発生装置の設置は屋内・屋外とも可能です。

起震車レンタル詳細事項

1)起震車は静岡より出庫いたします。稼働場所・時間、移動距離によっては宿泊を伴います。
基本的に国内はほぼ対応いたしますが、移動交通手段によっては高額となる事もあります。
2)オペレーターは 2 名一組です。必要があればスーツ着用対応もいたします。
3)稼働自体は単独で完結しています。ただし、車両の水平保持が必須のため平たんな場所の選定をお願いします。
5)お客様の列用のカラーコーンやロードマット等の準備・整備等はいたしません。
4)雨天でも問題ありませんが、屋外の場合のお客様待機用テントなどは別途ご用意ください。
6)屋内稼働も可能ですが、状況に応じて発電機やケーブルのご準備が必要となります。これは消防法上より換気の問題で発電機(20KVA 程度)の屋内運転ができないためです。お客様にてご用意いただくか、こちらで有償にてご用意いたします。
7)稼働開始までのセッティング所要時間は定位置停止後 20〜30 分程度です。
8)体験モードは2種類が基本です。
① 通常体験モード
一般的なイベント用で、一回の稼働時間は 30 秒間です。『上級地震』として震度 1〜震度7 の揺れをランダムに再現されます。この場合、特に問題がなければ入れ替えは約 2〜3分程度をお考えください。
② 東日本大震災モード
同震災を再現した揺れです。稼働時間は約 2 分 15 秒間です。
③ その他 過去震災モード
各地の主たる大きな地震を再現しています。
9)モード設定の切り替えは可能ですが、数分を要します。通常稼働時には混雑の要因となるため個別の切り替えは控えたいところです。ただし、利用者限定の場合などには時間帯設定により変更するなどのご相談に応じます。
10)一回の体験人数は最多4人です。固定座席が用意されていますので着座してください。お子様のみのご搭乗はお断りする場合もあります。また、搭乗の際に一人歩行が困難な方(成人、お子様とも)の体験をお断りする場合もあります。
11)搭乗ブースは屋根付きです。仮想室内を想定しているのでヘルメットなどは不要です。
またブース内には手すり付きのテーブルが据えられており、そこに貴重品等の手荷物を入れられるカゴも装備されているため持ち込みが可能です。ただし、カバンなどはブース脇にある別カゴをご利用ください。
12)カメラ等の撮影は自由ですが、搭乗者自身による搭乗中の撮影はご遠慮ください。
13)費用のご請求は、実車後に発生した条件変更やご要望により精算させていただきます。
14)実演費用は、レンタル料として本体車両にオペレーター(2 名)、一定距離内(県内程度)移動費、出庫経費を含めて1日 195,000 円(税別)となっております。開催地により高速道路等移動費や宿泊費および他経費が発生いたします。また、連日稼働、同日内別会場稼働、夜間稼働などのご要望に合わせ見積書を作成のうえご提示させていただきます。
15)開催日決定後のキャンセルにつきましては、ご連絡をいただく時期によって率の違いはありますが、出庫日から一定期間前よりキャンセル料発生の対象となります。

 お問い合わせ先  一般社団法人 減災サステナブル技術協会 事務局  

TEL 03-4500-8541  MAIL:info@ssmartace.or.jp

減災サステナブルセミナー『忘災塾』

当協会では防災を軸とした日常生活での在り方や技術的な危機管理情報に関するセミナーの開催を行っております。また、イベントとしてセミナー講師の依頼をお請けします。ご希望のテーマに合わせてお話しさせていただきます。